Google
So-net無料ブログ作成
検索選択

freebit mobile の PandA から降りた後にどうするかの思考の変遷と最初の結末 [メモ]

01_img.jpg

こんばんは。

@sakashushu です。

 

前回、freebit mobile の PandA から降りることに決めた理由 を書きました。

その最後の方で、

実はこれを書く気になったのは、降りた後の方向性がある程度見えてきたためなんですが、それはまた次回に回したいと思います。

via: 使い始めて半年。freebit mobile の PandAユーザーから降ります。

と書いていたんですが、方向性が見えるまでにはいろいろと思考の変遷があったので、今回はそれも備忘を兼ねて残しとこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

■ sakashushuの通信系所有物

PC : Windows 7 Home Premium(無線LANでネット接続)
ガラケー : Vodafone 904T(通話専用)
スマホ : freebit mobile の PandA(データ通信専用)
スマホ : HTC Desire HD 001HT(PandA の前に使用していた。Wifi専用で使えるため父親に進呈していたが、引き出しで冬眠していた)

 

■ モバイルルーターについて

「何を突然」と思われるかもしれません。

PandA と直接関係は無いんですが、最近ちょこちょこIT系の勉強会に参加していて、そこでネット接続したいという欲求が出てきていました。

それで、スマホなりタブレットなりの端末(PDA)も新しく購入し、どこでもネット接続可能な PC と PDA を両立できないかとイメージ。

この時点ではかなりフワ~っとしたイメージです。

モバイルルーターの端末代金や月額も知らず、PDA を何にするかもこれから。

 

「モバイルルーター」とかで検索すると、価格.com のキャッシュバック適用で初年度の最安値は月額で 500円程度のようでした。(当時。7月末頃?)

ただ、私は個人的に「最初だけ安い」系は好きじゃありません。

どっちかというと逆が好き。(端末代を分割で支払い終わったら通信料のみになる 等)

だから、最初からキャッシュバック抜きの金額の方を見てみたら、最安でも月額 3,500円ぐらい。

 

また、最安値の辺りの UQ WIMAX とか EMOBILE とかは私の行動範囲のエリアで、繋がらない箇所も多そうでした。

その意味で docomo の回線を使ったものに候補を絞ると、最安は月額 4,000円。

PandA の違約金は授業料として割り切るとしても、結局ガラケー代も合わせると月額 5,000円以上・・。

PandA + ガラケー で月額 3,000円強で運用していたことを考えると、もうちょっと何とかしたいな~という感じ。

 

■ PDA の候補:Sony Xperia Z Ultra

モバイルルーターと平行して、PDA も何にしようか調べ始めていました。

今でもそうですが、一番興味を引かれたのは Sony の Xperia Z Ultra。

6.4インチのファブレット(通話も出来るタブレット)とのこと。

ガラケーとスマホの2台持ちにする前から、常々タブレットが欲しいとは思っていたんですが、スマホほど気軽に持ち歩けないイメージがちょっとだけ邪魔していました。

でも Z Ultra は一応、ジーンズのポケットにも入るらしい。

au の店頭に見に行って、スマホよりもかなりデカくて操作が快適なことも分かりました。

 

■ LINEについて

また突然感があるかもですねw

PandA にも LINE は入れていますが、インストール時に前機の HTC Desire とは別の ID にしました。

で、HTC Desire での LINE アカウントはそのまま残っていて、たまに PC で立ち上げていたのです。

まあそれもホントにたまに立ち上げる程度だったんですが、久しぶりに開いてアップデートしたところ、

他人による不正使用を防ぐため、初めてログインするコンピュータでは本人確認が必要です。

とか出てきちゃって!

 

「初めてログインするコンピュータじゃござんせんけどね~~~。」 なんて思いましたが、なりすまし対策で厳しくなったっちゅうことですよね。

仕方が無いので Wifi 運用の HTC Desire(父親引出冬眠から覚める際に工場出荷時に戻って頂いていた) に LINE をインストール。

しかし・・・、

インストールエラー
パッケージファイルが無効です。

と仰せられる・・。

 

「LINE パッケージファイルが無効です」で検索!

ちょっと調べたところ、WiFi接続環境で起こりやすいという傾向は見られたものの、他にも色々な要素が考えられ、はっきりとした発生条件は断定できません。ただ、以下の方法が有効なようです。

・WiFi接続の場合は、データ通信(3GもしくはLTE)に切り替えてみる
・別のWiFiネットワーク上から試す
・アップデートの場合は、アプリを一度アンインストールする
・アンインストールできないアプリの場合は、アップデートをアンインストールし、更新をし直す。

・「Google Playストア」の「キャッシュを消去」や「データの消去」をする
・端末を再起動、もしくは全てのアプリのキャッシュを消去する
・無視して何度もインストール/アップデートを繰り返す(なぜかこれで解決する場合が結構あります)


原因が完全に特定できないので、いずれも100%の改善策とは言えません。ただ、以上の方法のいずれか、もしくは全てを試せば、大概はインストール、もしくはアップデートができるようになるはずです。
是非、お試しください。

via: 「パッケージファイルが無効です」メッセージでアプリのインストール、更新ができない場合の対処法 : スマホ口コミ評価速報

 

・・う~む。

あたしゃ SIM 無しの Wifi 運用ですからね、データ通信(3GもしくはLTE)は無理ってお話でございますね。

それ以外の方法、全部試しましたがエラーメッセージ様は微動だにされません・・orz

 

しばらく思案の末、ガラケーに思い至りました。

確か、ガラケーで LINE を登録していた友達がいた!

で、やり方を検索して Vodafone 904T で試したところ・・・、

コンテンツエラー

 

・・・・・。

どうも、「画面に表示するサイズが制限を超えて」る時に出ちゃうみたいです。

確かに、化石のようなガラケーで、今をときめく LINE のページにアクセスしましたよ。

無理からぬといえば、・・無理からぬこと。

 

 

要するに、・・八方塞がりというやつですね、これは。

基本的に私は、ネット接続できればどっから繋いでも同じという感覚の持ち主ではあったんですが・・時代の波はそれを、許してはくれないのですな~。

まあ、今そんなに使うわけじゃないんですけどね、LINE。

何となく、 Wifi だけで完結させようとするのは今後ますます厳しくなるのかもしれんな~と感じ始めました。

 

■ モバイルルーター + MVNO

それでもやはり、どこでもネット接続可能な PC と PDA の両立 の魅力は捨てきれず、モバイルルーターについてさらに調べていたところ、端末の購入と通信事業者(MVNO)を分けて考えられることにやっと気づきました。(遅い!)

それぞれの単語は耳にしていても、ちゃんと理解していないからイメージがすぐに繋がらないんですね~。

モバイルルーターの端末代金はピンきりのようですが、ある程度いいものを選んでも2万円程度に納まりそう。

MVNO の料金も初めてちゃんと調べましたが、安いプランは 1,000円以内。

これなら、ガラケーと合わせて月額 2,000円代。

端末代を2年で割っても 3,000円台なので料金的には文句無しの状態です。(PandAの違約金問題は残りますが・・)

この時点で唯一気になっていたのは、持ち歩くことになる機器の多さ。

PC + ガラケー + PDA + モバイルルーター(+MVNOのSIM)

PCは常時ではないにしろ、私は結構持ち歩くことが多いんです。

全部持ち歩くパターンの時は、ちょっと面倒臭そうっすよね・・。

 

■ よく考えてみたら・・・

ホントは、よく考えた結果というよりは、偶然見つけたページに気づかされたんですけどね。

「Xperia Z Ultra」はモバイルルーターとしても超優秀だった!! #xperiaアンバサダー | OREGADGET

 

そっか・・、PDA自体をモバイルルーターとして使えばいいだけだった・・・orz

信じられない方も多いかもですが、ホントにこの時初めて気づきました。

もう長男に、「ちょっと落ち着きなさい!」と言えませんわ・・・(汗)

(一応見苦しい言い訳をさせてもらえるとしたら、最初にテザリングでなくモバイルルーターをイメージしたことが発端で、それには理由が2つほどありました。①私はもったいない星人なので頭の片隅に Wifi専用機となっていた HTC Desire の影があった。②PandA は単体でも 3Gデータ通信時は激遅で、テザリングは試してみる気にもなれなかった。)

 

・・・とにかく、機器数は一個減り、今後の方向性は固まりました。

PC + ガラケー + PDA(+MVNOのSIM。モバイルルーターとしても使う。)

 

■ 技適問題

これは、調べていく中で純粋に初めて知ったんですが、海外製SIMフリー端末には技適問題ってのがあるようです。

ここでは書きません(Google先生にお任せします)が、欲しかった Sony Xperia Z Ultra の SIMフリー版がこれに該当。

シレっと買ってもいいんですが、もうちょっと調べてみることに。

 

■ あぶれていた HTC Desire

今まで書いた流れに沿って進めると、HTC Desire があぶれます。

こないだまで冬眠させてたぐらいだし、いいっちゃあいいんですけどね。

SIMフリー端末で考えを巡らせていた流れで、以前に挫折経験のある root化・SIMフリー化に再チャレンジしてみたくなりました。

結論から言うと、これが成功しちゃったんですが、成功すると思ってなかったんでメモが中途半端・・・。

とにかく、詳細の記載はまたの機会とします。(私が書かなくても、ネット上の情報の方が正確です。)


9/2 追記

でも一応、書きました。 自分の予想を裏切って HTC Desire HD 001HT の root化が成功し、慌てて残す半端メモ


 

で、図らずも SIMフリー化してしまった HTC Desire。

ここでも間の抜けた、遅い閃きがあって、PandA の SIM を抜いて、HTC Desire に挿してみました。

それだけでは駄目でしたが、以下の2つのページのやり方に沿って、

「設定」「無線とネットワーク」「モバイルネットワーク」「アクセスポイント名」
ここでAPNを設定します。
MENUキーを押して、「新しいAPN追加」
APNの名前: 適当に「bmobile u300」とかわかりやすく
APN/ユーザ名/パスワード はB-Mobileから送られた説明書の通り
※私は、認証タイプを「PAPまたはCHAP」に指定しました。

MENUキーを押して保存。

via: SDLab.org::Adminな脳み。: HTC Desire(SIMロックフリー) で Bモバイル を使う
freebit PandA のAPN情報
APN
dream.jp
ユーザー
freebit
パスワード
fbm

via: 大勘違い!フリービットPandAのAPN情報はここにちゃんと表示されていた! - tame's blog

HTC Desire に新しいAPN(PandA のAPN情報)を追加し、3G回線でネット接続できるようになったのです!

 

要するに、スマホ単体としては、PandA 端末から降りて、HTC Desire に再乗車することに成功したのです。

「なんじゃそりゃ!」感も大きいと思いますが、料金としては1円も増えずに今のところ違約金も不要。

050番号での通話等もできなくなりそうですが、正直 PandA の時点で実用に耐えられず、ほぼデータ通信専用機と化していたし。

PandA 端末のストレスから開放されただけでも私としては、「ひとまず万々歳」なのです。

 

とはいえ、HTC Desire もかなりのご老体。

モバイルルーターとして使えるかどうかも怪しいところ。(もっともそれは、freebit SIM の 3G 速度の方でアウトの可能性大。)

その辺は今後の課題として、これからも一歩一歩進んで行こうと思う、同じく老体のもったいない星人なのでありました。

 

長文乱文失礼致しました!

 


 

TEL:
08034662740

メール:
sakashushu@gmail.com

ツイッター:
https://twitter.com/sakashushu

フェイスブック:
https://www.facebook.com/sakashushu

 

ご連絡・フォロー・友達申請 等、いつでもお気軽にどうぞ!

またお越しくださいませませ!

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。